体外受精の成功率はどれぐらい?|体外授精の確率、失敗例

体外受精の成功率、確率について記しています

生みたいけど子供を作らない


生みたいけど子供を作らない

子供を生まない夫婦が増えていると言うのは、子供が嫌いな夫婦が増えていると言うことでもないのではないかと思います。

確かに児童虐待とか、赤ちゃん虐待などと言うことが社会問題となっているので、子供が嫌いなのかと誤解してしまうこともあると思います。

子供を生まない夫婦が増えていると言うのは、二人だけの生活を大事にしたい、生みたいけれど年齢的に無理だ、経済的にやっていけない、社会のあり方が、子育ての環境に向いていない、、、。

色々な原因が考えられると思うのです。

ですから、個人的には子供の数が少なくなれば社会が成り立たなくなるというのは、誰にでも理解できているはずです。

いろんな社会制度が崩壊していくのは目に見えています。

子育てに適した環境が整備されていたら、恐らくは子供を作りたい夫婦はいるのではないかと思います。

またそうあって欲しいと思います。

自分の息子達をみていると、一人は子供を一人もうけた時点で二人目はあきらめました。

もう一人の息子は、女性がキャリア志向のために高齢出産の危険にさらしたくないという理由で子供は作らないと言うことです。

どちらの息子夫婦の場合も、自分たちの環境と言うよりは社会との接点で、子供を諦めています。

夫婦の考えが個人的な考えによるものだけなのか、気になるところです。


当サイトの人気記事

 1番人気! 体外受精の成功率 私が妊娠したときのお話  
元プロテニス選手の杉山愛さんも不妊治療を行い、流産の末に、39歳で、女優として人気の永作博美さんは不妊治療の末に二人のお子さんを出産、野口五郎さんと結婚した女優の三井ゆりさんは辛い不妊治療を続けて、男の子と女の子を出産、バスケットボール選手の北卓也さんの奥さんの久保恵子さんも不妊治療、体外受精を行い、女子を出産、元スケート選手で政治家の野田聖子さんは不妊治療を10年続けて、最終的には卵子提供を受けて体外受精で50歳で出産、
Copyright (c) 2014 体外受精の成功率はどれぐらい?|体外授精の確率、失敗例 All rights reserved.

体外受精の成功率、確率について

妊活、出産においてのコラム

不妊治療や不妊症について