体外受精の成功率はどれぐらい?|体外授精の確率、失敗例

体外受精の成功率、確率について記しています

幼児虐待は親の責任だけでなく社会の責任でもあるのでは


幼児虐待は親の責任だけでなく社会の責任でもあるのでは

罪のない幼い子どもを虐待することは言語道断です。

そういった事件を耳にするたびにとても悲しくなります。

とはいえ、乳児・幼児虐待で真っ先に責められるのは親ですが、悪いのは親だけでないところが根深い問題でもあると思います。

それというのも、虐待する親もまた虐待の被害者であることが多いらしいからです。

彼らも大人に虐げられて育ったので、愛情を知らないのだそうです。

まったく持ち合わせていない愛情というものを子どもができたからといって求められても、彼ら彼女らには無理な相談です。

虐待した親を責めることだけで終わるのではなく、虐待された子どもたちの心のケアが何より肝心だと思うのです。

それが欠落していては、次の犠牲者を出してしまうことになりかねません。

また、子育てで苦労するあまり気がついたら子どもを虐待してしまっていた、というケースもあるようです。

少子化の昨今、子育てに厳しい社会になりつつありますが、もっと子育てしている人に優しい社会になれば虐待も減るのではないかと思います。


当サイトの人気記事

 1番人気! 体外受精の成功率 私が妊娠したときのお話  
ダイアモンドユカイさんは閉塞性無精子症で、体外受精によってお子さんを授かった、プロゴルファーの横田真一さんと結婚した女優の穴井裕子さんは子宮内膜症で不妊治療を行い、二人のお子さんに恵まれる、清水圭の奥さんとしても知られる香坂みゆきさんは不妊治療を行って、二人の男の子を出産、子宮内膜症で不妊治療の末に二人の女の子を出産した女優の石田ひかりさん、男性不妊で体外受精によってお子さんを授かったWBC元世界王者の井岡弘樹さん、
Copyright (c) 2014 体外受精の成功率はどれぐらい?|体外授精の確率、失敗例 All rights reserved.

体外受精の成功率、確率について

妊活、出産においてのコラム

不妊治療や不妊症について